株式会社シービーエスはシービーエスグループとして、北は北海道から南は九州・沖縄をカバーして、様々な業務を展開しています。
このたびシービーエスグループは、台湾に本社を置き世界116ヶ国に展開するセキュリティ監視のリーディングカンパニーであるVIVOTEK社のカメラの取り扱いを開始し、日本におけるシービーエスグループのビジネス拡大を目指す協業をスタートしたことをお知らせします。

CBSxVIVOTEK

フィジカルセキュリティの重要性が謳われて久しいですが、その主軸としての監視カメラのニーズは依然として高く、併せて近年監視カメラ本体に加え、画像解析や、システム連携、AI機能等の付加価値システムの導入が、ネットワークカメラにより可能となりました。

VIVOTEKは、2000年に台湾で設立された監視カメラ・レコーダーのメーカです。
設立当初からネットワークカメラに注力し、現在は116か国以上の国において、世界に通用する製品とサービスを提供しています。VIVOTEK製品は、コストパフォーマンスの高さに加え、サイバーセキュリティに対する多重セキュリティプロテクションが、品質の価値をより高めています。更に、2018年に設立した、「VIVOTEK Japan (ビボテックジャパン)」での、日本国内におけるサポートが充実しています。

シービーエスグループは、提案型ビジネスヘの転換の一つとしてVIVOTEK社の製品を扱う事により、お客様へ付加価値を提供し、利用用途の拡大等ソリューシヨンの幅を広げてまいります。

【シービーエスグループについて】
シービーエスグループは既成ビルメンテナンス業務の枠を越え、お客様がコアビジネスに集中していただけるような環境作りをワンストップで行う総合ファシリティ・マネジメントサービス・環境関連サービスを提供しています。1960年に創業し現在では国内外に営業拠点を擁しています。

グループ企業一覧はこちらをご参照ください

 

【本件に関するお問合せ先】
株式会社シービーエス
担当: VU事業部 中嶋、佐藤(克)
EMAIL: camera@group-c.co.jp / TEL: 03-3506-5497
FORM: https://www.group-c.co.jp/form01.html

プレスリリース原文はこちら≫